ブログ

夏休みプログラミング教室のチラシができました

夏休みプログラミング教室のチラシが出来上がりました。LEGOバージョンと、micro:bitバージョンの2パターンを作りました。
もう6月も半分を過ぎて、そろそろ夏休みの計画を……、とお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

夏休みの体験の一つとして、夏休みの自由研究として、プログラミング体験はいかがでしょうか?
特に、micro:bitコースは、出来上がった作品とmicro:bitコンピュータをお持ち帰りいただけるので、夏休みの自由研究にはぴったりです。パソコンがあれば持ち帰った作品をさらにカスタマイズしたり、違う作品作りに挑戦できたり、色々と楽しむこともできます。

LEGO+WeDo2.0体験コースは、お持ち帰りはできませんが、初めてプログラムを体験するお子様やLEGO好きなお子様にぴったりです。Scratchコースでは、ちょっとステップアップしてLEGOで作った車を走らせます。
作品のお持ち帰りはできませんが、写真などを取ることは自由ですので、夏休み宿題の中に上手に取り入れてみてはいかがでしょう?

micro:bitコースちらし
micro:bitコースちらしPDF

レゴコースチラシ
LEGO、ScratchコースPDF

爽やかなミント感 チョコミントメロンパン

このところ、チョコミント天国でご機嫌なコムニカチョコミントクラブです!

さて、「ジャイアントコーン大人のミント」の予定だったのですが、ファミマでついつい買ってしまったチョコミントシリーズ。

その名も




メロンパン(チョコミント)

チョコミントパンケーキ

チョコミントメロンパン

ミント色のパンケーキとメロンパンってルックスはイマイチ……、な感じですがチョコミントとくれば買わずにはいられません!

……で、なんで写真がメロンパンだけなの?と言われそうですが

パンケーキ、写真を撮るのを忘れて、食べちゃいました……😅

と、言うことで、チョコミントパンケーキの感想を……。
見事な水色の、もっちりパンケーキ生地の中には、チョコと爽やかなミントクリーム。
チョコの甘さがミント感を引き立てていて、食べた後もお口の中すっきりとしてミント感が残る美味しさでした。
青いパンケーキは日本人にとって不気味ですらありますが、ミント好きならば、ぜひ食べてみてほしいお味です。
できれば、チョコ色のパンケーキにミントクリームが良かったな、なんて思ったりして……。

ところで、チョコミン党とチョコ民党、どっちが正しいの?と素朴な疑問。
ここではいつも「チョコ民党」なんだけど、今日は「チョコミン党」でいってみようかしら?

さて、チョコミントメロンパン。
袋から出すと、こんな感じ。その気になれば一口でも食べられそうな(ちょっと無理?)可愛らしいメロンパンが4つ。

チョコミントメロンパン

やっぱり、チョコチップが散らされた青いメロンパンは、なんとも言えない感じ。

割ってみると、中はチョコレート色。

チョコミントメロンパン

パンケーキと同じく、ルックスは不気味なメロンパンですが、食べてみると、こちらも爽やかなミント感が広がるメロンパン。
チョコの甘さとミントの爽やかさが、とってもいいバランスです。
甘さも控えめなので、あっという間に4個食べられてしまいます。

どちらもオススメです💕

週末には、ファミマのチョコミントフラッペも登場するらしいので、今からワクワクです。

あっ、その前に、クリエのソルベージュチョコミントドリンクも飲みに行かなきゃ〜!

プログラミング教室 micro:bitでワンニャンロボット

ミュージックボックスに続いて、今回は動物のかたちのロボットを作ってみました。(ロボットというほど、すごい動きはしないのですが…😅)
micro:bitの端子を触ると音が鳴ってLEDに表情(口の形)が表示されます。1の端子では喜んだ顔(V形の口)、2の端子を触ると、びっくりした顔(四角の口)が表示されます。それぞれ短い音も鳴るように鳴っています。

更に、Aボタンを押すとハッピーバースディのメロディが流れます。

こちらが、ネコロボット全体。紙コップをベースに色紙などで装飾し、厚紙でネコの顔を作っています。この顔の部分を犬に変えればワンチャンロボットになります。動物以外にも色々なアイデアで楽しいロボットを作ることができます。

ワンんやんロボット

紙コップの中には電池ケースが収まっていて、後ろの尻尾の部分に空いた穴から、ワニ口クリップを出してスピーカーにつないでいます。

micro:bit本体の端子部分には、ネジをつけてワニ口クリップで挟みやすく、そして手で触れた時に反応しやすくしています。このネジはホームセンターに売っている一般的なネジです。
本体を傷つけないように、レンチを使わず手だけで優しく締めてあります。なので、外したいときはサクッと外すことができます。外さないつもりであれば、ある程度しっかりと締めてしまっても良いかもしれません。

ルックスはゴツくなりますが、あった方がずっと作業がしやすいように思います。

今回は、並んだネジがなんだかネコバスの口っぽい……、ですが、ワニ口クリップがネコのヒゲのように見えて、いい感じになりました。
ボタンの上に付けた目はマスキングテープで作って簡単に外せるようにしてあります。

歌っている間はLEDにハート形を表示して、お誕生会を盛り上げるおもちゃとしても活躍しそうです。
工作をして、micro:bitを取り付けていくのには、ちょっとした工夫や小細工が必要で、それを考えながら工作をしていくのも楽しいと思います。

こちらも、プログラミング教室で作ることができますので、興味のある方はぜひお問い合わせください😊

ダースミントアイスバー&チェリオ覚醒チョコミントを食してみる

コムニカチョコミントクラブです!

今年はチョコミントがトレンドらしいです。
チョコミントスィーツが連発されていると思いきや、そう言う理由か……。

ミント色かわいい〜、なんてにわかチョコ民党女子が……(前回投稿とダブるので、以下自粛)

マツコの番組に出ていたチョコミント青年が発端らしいのですが、
「今年のトレンド」と言わず、この流れに乗って定番化してほしい!というところ。

チョコミントに不自由しない2018年サイコ〜!……なんて。
クリエでもは、ソルベージュチョコミントドリンク6日6日から発売されるようです。
去年お気に入りだった、ファミマのチョコミントフラッペも、装い新たに発売されるとか……💕

さて、今日はチョコミントアイス2種。

まずは、チョコでもミント感たっぷりだったダースミントのアイスバージョン

ダースミントアイスバー

ダースミントアイスバー

爽やかなパッケージには「先端に爽快ミントソース」の文字が……。
ダースミントチョコレートの爽やかなミント感を想像してしまいます。

さて、実際のミントバーは、こんな感じでミントソースが……

ダースミントチョコレートバー

パッケージイラストのような、とろーり感は全くナシ。
トロッとしたソースを期待してしまった私の期待は見事に裏切られ、見事に凍ったソース。

けれど、このソース、かなりのミント感です。
パッケージの文字どおり「先端」エリアだけに入っています。

その量は、かなり多め……。

最初の4分の1くらいは
これでもか!みたいなミント感

でも、そのあとは、フツーにミントアイスとチョコで、
最初のミントパンチが効いていただけに、ちょっと残念な感じ。

あのソースが、全体にまんべんなく散りばめられていた方がよかったなぁ、と言う感想。

さて、2つ目のミントアイスは、数年前からこの季節になるとお目見えするチョコミントアイス、「チェリオ」のチョコミント。
今年はパワーアップして登場です。

その名も




チェリオ覚醒チョコミント

ネーミングからしてものすごく、期待させられます!
だって、「覚醒チョコミント」、どんなミントよ?って。

チェリオチョコミント

さらに、パッケージには「ほろにがチョコとスーパーミントでやる気、めざめる」とあります。
もう、ミントタブレットのハードなミント感を想像するしかありません!

ドキドキしながらパッケージから出すと、去年と同じ風貌のゴツゴツチョコに包まれたアイスバー。

チェリオチョコミント

これ、一昨年は甘すぎて、去年はちょっと甘さが落ち着いた感じだったのですが、さて、今年はいかに。

なんてったって

覚醒チョコミントですから、期待しちゃいます。

アイスバーのなかはと言うと、去年と同じくチョコがどーんと入っています。

チェリオチョコミント 中身

で、肝心のミント感はと言うと……
なんてったって、「覚醒ミント」「スーパーミントでやる気、めざめる」です。












ん?



……覚醒ミント、やる気?



覚醒しましぇーん!めざめましぇーん!

去年よりも更に、甘さは抑えられていますが、
パッケージにアピールされているほどのミント感はありません。

過激派チョコ民党の私が期待しすぎたのでしょうか??

ダースミントアイスバーの方が、ミント感を楽しめます。
チェリオ覚醒チョコミントは、ミントが香るチョコ味を楽しみたい人向けかな、と。

次は、「ジャイアントコーン大人のチョコミント」と「スーパーカップチョコミント」を試したいところ。
今年は、「次はどれにしようかしら〜♪」と悩むほどのチョコミント。

毎年、こんなだったらいいのになぁ。

プログラミング教室 micro:bitでジュークボックスをプログラミング&工作

micro:bitでボタンを押したら音楽が流れるプログラミングを作って、ジュークボックス(若い人は知らない?)を工作してみました。
用意するものは、micro:bit本体、マイクロUSBケーブル、電池ケースと電池、ワニ口クリップ2本、スピーカー、そして工作に必要なハサミやのり、素材です。

今回作ったプログラムは、Aボタンを押すと短いメロディが流れ、Bボタンを押すと「プリュード」が流れ、更に音が鳴っている間はLEDにパターンを表示します。AとBを同時に押すとストップする仕組みです。

プログラムの中では「繰り返し」と「変数」を使用していますが、初心者でも簡単に作れるプログラムです。音が鳴るので、作っていて楽しいプログラムです!

ジュークボックスプログラム

画面で動作を確認したら、プログラムを保存・ダウンロードしてmicro:bit本体に書き込み、ジュークボックスの工作です。
本体は牛乳パックにmicro:bitを取り付ける窓を作り、全体を折り紙とマスキングテープなどでデコレーションしました。

ジュークボックス完成品

後ろの部分を扉のように開くようにし、micro:bitや電池などを設置できるようにしました。

ジュークボックス中身

大人の工作だとこんなものか〜と言う感じですが、子供たちが工作すると、きっと、もっと面白いものができるのではないかなぁ、と思います。
このプログラムは、夏休みプログラミング講座のmicro:bitコースで作ることができますので、興味のある方は是非お問い合わせください!

マシュマロと焼きショコラ&ナッツに悶絶 ミントチョコレートチャンクアイスクリーム

コムニカチョコミントクラブです!
とうとう梅雨に突入でしょうか?ジメジメしてくる季節は、爽やかなチョコミントの季節にぴったりです✨

さて、昨日、地域限定で発売されているアイスクリームのことを初めて知りました。
ちょっとお高めのチョコミントアイス、「マックス ブレナー ミントチョコレートチャンクアイスクリーム」

どうやら、22日からセブンで発売されていた様子。
チョコ民党としては、ちょっと乗り遅れた気分が否めません!

なんてったって、そのほとんどが数量限定・期間限定で発売されるチョコミント、
乗り遅れると、もう売り切れ!なんて悲しいことになってしまいます。

これは、絶対に食してみたい!と駆け込んだセブン。

見つけました!アイスケースの最後の一個!

マックス ブレナー ミントチョコレートチャンクアイスクリーム

280円なり。ハーゲンダッツ並みのお値段です。

ハーゲンダッツを買うには悩むのに、迷いなく購入してしまう、チョコミントマジック!
チョコミントの前では、オタクグッズを買うオタクのように、金銭感覚が麻痺してしまうチョコ民党員。

青いパッケージがおしゃれなミントチョコレートチャンクアイスクリーム
ミントチョコレートチャンクアイスクリーム

マックス ブレナーはイスラエルのチョコレートチェーン。パッケージはイスラエルのデザイナーがデザインしたものらしいです。
なんともおされ。

そして、中のカップも、おされ。
真っ白のカップの側面には青い文字と赤い文字でロゴが入っています。

食べたら、小物入れにしたくなるカップです。(micro:bitでも入れておこうかしら?)

マックス ブレナーチョコレートミントアイスクリーム

ワクワクしながら蓋を開けると、マシュマロと、焼きショコラ、チョコソース、ナッツに埋め尽くされた表面が……。
スプーンですくってみると、中は爽やかなミント色のチョコミントアイス。

アイスとマシュマロと、焼きショコラとナッツ、一緒に口の中に入れると、それは、
弾力のあるマシュマロと、さっくり焼きショコラ、そしてカリッとしたナッツの香ばしさが、ミントアイスと絡み合う初めての食感。

……悶絶級の美味しさ

甘さも控えめな、贅沢なアイスクリーム、高いけど、またあったら買っちゃうかも、
あるだけ買っちゃうかも!という美味しさ。

個人的には、今年一番のヒットです。

チョコ民党のみなさま、まだ食べていないという方は、見つけたらぜひお試しを〜✨

micro:bit JaveScriptブロックエディタのスクーリンショットの取り方

今日は、偶然見つけたJavascriptブロックエディタの、便利機能を紹介します。
使い込んでいる方なら「当たり前!」な事かもしれないのですが、どこにも解説が見当たらなかったので、コムニカと同じようにmicro:bitデビューして日が浅い方にはお役に立つかもしれません……。

ワークスペースのスクリーンショット

さて、ブロックエディタを使ってプログラムを作ったあと、スクリーンショットを撮りたい時、ありませんか?
コムニカでは画面をブログにアップしたいのでスクリーンショットを撮るのですが、プログラムが長くなると、表示されている画面内に収まらなくなります。スクロールしながら何枚か撮ってPhotoshopでつなぐの、面倒くさいですよね……💦

そして、何気なくワークスペースの何もないところで右ボタンを押したら、メニューが出ました。

おぉ…、こんなところに、「画面コピーをダウンロードする」というメニューがあるではないですか!

ブロックエディタ画面

「画面コピーをダウンロードする」を選択すると、ワークスペースで非表示になっているエリアも含めてPNGファイルで保存してくれます。
プログラムと同じく、ダウンロードフォルダに保存されます。

保存されたファイルを見てみると……

ブロックエディタダウンロード画像

余白なしでぎっちりですが、ブロックエディタのワークスペースでスクロールしなければ見えなかった部分も含めてPNG画像として保存されています。

作ったプログラムの画面を、ノートのように保存したり、講座用のテキストを作ったりするのに便利です!

ローソン チョコミントタルトを食してみる

コムニカチョコミントクラブです!
最近、チョコミントスイーツやアイスがたくさん売られていて、

とうとうチョコミントも市民権を得たか、と小躍りしています。うふふ。✨

さて、今日はローソンから発売されているスイーツ、

Uchi Cafe チョコミントタルト

チョコミントタルト

さて、開けて見ると、プラスチックのトレイにぴったりと収まったチョコミントタルト。
クリームの上には、パッケージにクリームがくっつかないようにセロファン?が乗っかっていました。

ミントクリームは、パッケージの色ほどきれいなミント色ではなく、若干黄色味のミント色。
上に散らされたチョコスプレーのせいでしょうか???

ま、お味がよければ、クリームの色が若干黄色味よりだろうが、ソーダ色だろうが、気にしません!

チョコミントタルト

ワクワクしながら食べてみると……、

ビターなチョコタルト生地の中に、ミントの香りいっぱいのマスカルポーネクリームが詰まっています。
クリームと、さっくりしたタルト生地の食感がとても良いです。

ミント感も、程よく効いています。

お値段はちょっと高め(?)ですが、甘さ控えめな大人のチョコミントスイーツといった感じで、今度見つけたら買いたいチョコミントタルトです💕

プログラミング教室 micro:bitでサイコロを工作

micro:bitで、夏休みプログラミング教室で作るプログラムと工作のサンプルを作りました。
ペットボトルを転がして止まると、micro:bitが数字を表示する、という仕組みのサイコロです。これは、micro:bitが揺さぶられると1〜6までのランダムな数字を表示するというプログラムで動いています。

一番初心者向けのもので、プログラミングもシンプル、工作も比較的簡単で楽しく作ることができます。

「揺さぶられたら数字を表示」するプログラム

まずは、プログラムをオンラインエディタで作成します。

サイコロのプログラミング画面

プロラムができたら名前をつけて保存し、ダウンロードボタンを押してmicro:bitをマイクロUSBケーブルでパソコンと接続して、プログラムを書き込みます。
プログラムの書き込み方は、いたって簡単。micro:bitを接続するとmicro:bitのフォルダが開くので(macOSの場合はデスクトップのmicro:bitアイコンをダブルクリックして開きます)、ダウンロードフォルダに保存されたプログラムをドラッグアンドドロップでコピーします。

コピー中は、マイクロビットの裏側にあるオレンジのランプが点滅しています。その間はケーブルを抜いたりしないようにしてください。
コピーが終わるとオレンジのランプは点灯状態になります。
micro:bitフォルダの中にはコピーしたファイルは見当たりませんが、ちゃんと書き込まれていますのでご安心を……。

電池ケースとつないで確認、工作開始

パソコンからmicro:bitを取り外して、乾電池を入れた電池ケースとつなぎます。
この時、電池ケースのコネクタをしっかりと奥まで差し込むと、あとでmicro:bitから取り外す時に、ものすごーく外れにくくなります。ほんの軽くコネクタにはまった手応えがあればOKです。(購入した電池ケースによると思いますが……)

micro:bitと電池ケース

これが、電池ケースをつないだところ。(写真はマイクロUSBがくっついたままですが、工作時は外します)
ケースに電池を入れるとmicro:bitに数字が表示されます。このまま軽く振って見ると別の数字が表示されます。

そして、ペットボトルなどを使って工作します。半分に切ったペットボトルに紙やスポンジなどを使い、micro:bitがずれないようにして中に入れます。
コムニカではラッピングに使う薄紙をくしゃくしゃっとして入れました。
そのままでも良いですが、今回はペットボトルの上の方を使って蓋にしました。

ペットボトルのサイコロ

マスキングテープなどを使って飾りをつけたりすると面白いです。

そして、出来上がったものを転がしてみると……

動画ではちょっと見づらいですが、コロコロと転がして止まると数字が表示されます。
今回は数字だけを表示するように作りましたが、数字を表示して音を鳴らしたり、サイコロではなくサインを出してじゃんけんゲームを作ったり、色々なアレンジができます。

プログラミング教室 初めてのmicro:bit、何を用意する?

micro:bitイメージ

SNS映えを狙って、micro:bitを女子っぽく加工してみました。micro:bit with コムニカガーデンフラワー🌼
……なんてことはさておき、今日は、micro:bitを始める時に、何が必要かを簡単にまとめてみようと思います。

micro:bit、どこで買えるの?

夏休みのプログラミング教室用サンプル作品を作るために、新たにmicro:bitを5個購入しました。micro:bitはスイッチエデュケーションと言う代理店が扱っていて、電気屋さんや通販で購入することができます。お馴染みのAmazonでも扱っているので、コムニカはAmazonから購入。プチプチ封筒にざくっと入って届きました。封筒に入ったコンピュータがポストに届くなんて、案外丈夫なmicro:bitさん。

micro:bit5個

このmicro:bit、何色かあって右上の三角デザインエリアが、緑、黄色、青、ピンクなどがあります。どの色が届くかはお楽しみ、なのですが、今回コムニカに届いたのは、青とピンク。最初に買ったものは緑なので、3色のmicro:bitさんが揃いました。黄色もあったらよかったのになぁ。

micro:bit3色

micro:bitを始める時に必要なもの

さて、micro:bitで遊ぶ……、プログラミングするには、micro:bit本体以外にマイクロUSBケーブルが必要です。パソコンにつないで動かす場合はそれだけで良いのですが、工作して遊ぶには電池ボックスや音を出すためのスピーカー、ワニ口クリップ2本が必要です。なので、初めてmicro:bitを試してみる場合は、本体、マイクロUSBケーブル、ワニ口クリップ、電池ボックス、スピーカーを揃えれば良いかと思います。その他、作りたいものや目的によって、必要に応じて準備する感じです。

あっ、もちろんパソコンも必要です!

micro:bitスタートセット
左から、マイクロUSBケーブル、ワニ口クリップ(黄色と緑)、micro:bit本体、右上が電池ケースと電池、右端が100均のスピーカーです。

工作の材料は、作るものに合わせて、ダンボールやペットボトルなど身の回りにあるもので工夫することができます。
来週から、実際にプログラムを作って工作する過程をアップしていく予定です。
夏休みのプログラミング教室でも同じことを行いますので、興味のある方は是非お問い合わせください😊