ブログ

起動しなくなったWindowsマシン Ubuntuでデータを救出

起動しなくなったマシンからどうやってデータを救出する?

先日、起動しなくなったWindowsマシンが持ち込まれました。起動しようとしても、起動画面がループし一向に立ち上がりません。担当したスタッフは、何とか起動しようとあの手この手を尽くしたのですが、結局「リカバリーディスクで初期化」ということに。

そうすると、PCの中に保存されていたデータは全部消えてしまうので、リカバリーする前に、そのデータを救出したいところです。Windowsは起動しないので、Ubuntuを使ってマシンを起動し、システム内のファイルにアクセスするることになりました。

Ubuntuは、Linuxのディストリビューションの一つで、フリーのOSとして有名です。そして、CDやDVDのメディアから起動させることができるので、OSが破損していてもマシンを起動させることができます。

ubuntu

UbuntuのイメージファイルをCDに書き込み、そこからブートすることでWindowsシステムに依存せずに、Linuxから中のハードディスクにアクセスします。操作はWindowsと同じ感覚で出来、データをUSBなどにコピーすることができます。

Ubuntuのインストール操作については、キャプチャを撮る余裕がなかったので、省略して💦、あまり情報がなかった「CDからブートが上手くできない」状況について記事にしておきたいと思います。

Ubuntuのダウンロードやディスクの作り方などは「Ubuntu データ救出」などのキーワードで検索すると、細かい手順が解説されたページを見つけることができます。

UbuntuがCDから起動しない?

起動用のディスクを作り、起動を試みたものの、いい具合のところまで行った後に止まってしまいます。
どうやら、CDからのブートが上手くできていないようです。
担当のスタッフは、起動ディスクを作り直したりして、何度もトライしていましたが、一向に起動せず……。
BIOSの設定だの、特定のキー(一時的に起動ドライブを変更するキー)を押すなどしても起動しません。

別のスタッフが調べたところ、CDを読み込み始めたら、キーボードの方向キーを1秒に1度の間隔で押すと良いらしいと分かりました。

CDドライブの音を確認しつつ、読み込みが始まった地点で、木魚を叩くが如く下矢印キーを、ポン ポン ポン ポン ポン ……。
とにかく、キーを叩き続けていると、起動画面が表示されました。「Ubuntuを試す」(ライブCDとして使用するのでインストールはしません)をクリックすると、めでたくUbuntuのデスクトッップが表示されました。

これで、ハードディスクの中身を確認してデータのコピーが行えます。
必要なデータをUSBにコピーした後、Windowsマシンは初期化。

重要なデータは、定期的にバックアップを取っておくのが一番ですが、もしも必要なデータが本体のハードディスクにしか保存されていない状態でWindowsが起動しなくなった場合は、諦めて初期化する前にUbuntuを試してみると良いと思います。

ファミマのチョコミントドリンク 2018

こんにちは。コムニカチョコミントクラブです。

毎回、Getしたチョコミントスィーツを、食してしまってから

あ、写真撮るの忘れた……

とアップできないダメっぷりです。


さて、先週、スタッフKが見つけた

数量限定★ファミマチョコミントドリンク

チョコミント2018

まだ肌寒い(……というか寒い!)時期に、もう登場?な感じですが、先週から発売されているようです。
スマイルマークが癒し系(?)、仕事の合間の休憩にぴったり、な感じです。

それにしても、数量限定で発売って、ちょっと早くない?
できれば暑い夏にチョコミントドリンクを楽しみたいんだけど……。
夏まで発売できる数量を製造してほしいなぁ。

なんて思いながら、早速お味見💕

味は、前回のチョコミントドリンクと同じで、マイルドなミント感。
チョコ民党としては、もっとミント感があってもいいかなぁ、と思いましたが甘さもスッキリでいい感じです。

ぜひ、夏まで発売してほしいところ。

今年もチョコミントフラッペ、登場するのかしら?

他のミントドリンクは、セブンで発見した

マウントレーニア カカオミント

カカオミント

これも夏頃までの季節限定商品。
ファミマの数量限定とは違い季節商品なので、しばらくはあるのかしら?
(季節限定にしては、早すぎる感じだけど……)

こちらは、一般向け(?)なのか、ものすごーくマイルドなミント感。
「ミントって歯磨き粉みたいでイヤっ」
という人にもトライしやすいお味でした。

WordPressでサイトをリニューアル

リニューアルはカスタマイズ専用のブランクテーマで

数年前にWordPressで作成したコムニカのサイト。どちらかというとPCからのアクセスを前提にして作ってありましたが、モバイルからのアクセスの方が多いので、作り変えることにしました。制作当時まだまだWordPress初心者でテンプレートの中身もカオス状態……、だったのでテンプレートからすっぱりと作り直すことに。

テンプレートをゼロから作るのは大変なので、ブランクテーマを使い、そこから色々付け加えたり、カスタマイズを行いました。
ブランクテーマはカスタマイズを前提にして作られたテーマで、そのまま使うには地味〜で無味乾燥な感じのテーマです。必要最低限の骨格と、CSS、HTMLが組み込まれているので、既存のテーマをカスタマイズするよりも手間がなく、ゼロから作るよりも効率よく制作ができます。

かつてはWordPressに組み込まれていたTwentysevenをカスタマイズしていた頃もありますが、テンプレートの中身や仕組みを調べるだけでも時間がかかりました。綺麗にデザインされたテンプレートはそのまま使うには便利ですが、構造(ソースコード)が複雑でカスタマイズするには不向きす。その点、ブランクテーマはシンプルで、構造が把握しやすく効率が良いのです。
何よりも、WordPressの達人レベルでなくとも、ほぼ思い通りのサイトを作り上げられるのが良いところです。

今回ベースに使ったのは、レスポンシブデザイン対応のUnderscoresというテーマです。

リニューアルは別ディレクトリにWPをインストールして

さて、リニューアル作業は別ディレクトリにWPを新しくインストールして行うことにしました。完成したら、新しい方のindex.phpをルートディレクトリに移動させて切り替えればよいので、サイトを停止せずにリニューアルが行えます。
問題は、現状サイトの内容をどう新しいサイトに移すか、です。データベースをエクスポートして、新しい方に移行するのが妥当なところですが、正直なところあまりデータベースを触りたくありません。
テンプレートも新しく作り直すので、コンテンツさえインポートできれば問題はないのでWordPressのインポート機能を使うことにしました。

参考にしたのはこちらのサイト

コンテンツのエクスポートとインポートは、あっさりと出来たのですが、問題がひとつ。画像ファイルです。

サイト移行の可能性がある場合は、画像のファイル名は半角で

インポートした後に、メディアライブラリを確認すると、多くの画像がインポートされていません。何度か、インポートをし直したのですが、一向に反映されませんし、FTPでuploadフォルダを見ても画像はありません。

うーん、なぜ?

よくよく確認すると、インポートされない画像は、日本語でファイル名がついています。しかも、結構な量があるので困ってしまいました。

さて、どうしたものか。

FTPでダイレクトにアップロードして、Media from FTPというプラグインを使い、メディアライブラリに登録することにしました。(FTPでアップロードしたファイルはそのままではメディアライブラリに反映されません)

ところが、そのプラグインも日本語ファイル名のものはエラーになって反映されないという結果に(>_<) 最終的には、全てのファイル名を手作業でリネームし、通常作業と同じくコツコツと記事のなかに画像を入れることとなりました。 サイトを移行する可能性がないなら、日本語で画像のファイル名をつけても問題はありませんが、将来、サイトを移行する可能性がある場合はファイル名を半角でつけた方がベターです。 データベースで移行作業を行えば、問題は起こらなかったのかもしれませんが……。

今回も WordPress + Bootstrap3 で制作

コンテンツとメディアファイルがインポートできたら、Bootstrap3を組み込んで作業スタート!

今回のリニューアルで、一番の「事件」はメディアにファイルがインポートされないことでしたが、それ以外は問題なく制作が進みました。途中、WordPressが更新され、ダッシュボード上からCSS以外のテンプレートファイルの書き換えができなくなったのは面倒でしたが……。
けれど、FTPとテキストエディタを使ってテンプレートを書き換えていくのは、正しい方法ではないかと思います。直接いじって(特にfunction.php)、サイトが真っ白になってから焦らなくてもすみます。慣れてくれば、面倒に思えた作業も普通に感じてきます。

新しいサイトに切り替え、SSLの設定も確認。
まだ、未確認の部分もあるので、お目汚し的な表示があるかもしれませんが、より見やすいサイトを目指していきたいと思います。

LEGO with Scratchイベントが楽しく終了!

小学生の子ども達を対象にした、LEGOとスクラッチを使ったプログラミング体験教室が終わりました。
広い体育館で、グループに分かれて、説明を聞きながらブロックを組み立て、プログラムを作りました。

みんな、静かに説明を聞いていて、とてもお行儀がいい!
そして、ブロックの組み立てになると、グループになった子ども達がみんなで協力しながら車を組み立てました。途中でブロックが外れてしまったり、間違えたり、それでも楽しく考えながら組み立てていました。
女の子達は出来上がった車にお花の飾りをつけたり、男の子達はかっこよくパーツ付け足したり、個性的な車が出来上がりました。

スクラッチを使ったことのある子ども達もいて、彼らは色々なプログラムを追加したり、アレンジしたりして楽しんでいました。

この子ども達の中から、エンジニアやプログラマーを目指す子ども達が現れて、未来の技術を作っていくのかしら〜、と楽しみになりました。

LEGO with Scratch イベント準備中…… 3台並べてGo!

来週のイベントに向けて、レゴで作った車とScratchを使って準備とテスト中のコムニカ事務所。
センサーを車につけて、「ある距離以上離れると進む」というプログラムをScratchで作り、3台の車を並走させることに。


シンプルな作りの車は、モーター2個で走る仕組みですが、センサーを使う時はモーターは1つで走るように改造しました。

Scratchのプログラムを作ったら、3台並べてGo!です。
先頭の車が走り出すと一定距離離れたところで、後続の車が走り出します。
そして、ある距離まで近づくと止まるので、衝突することなく走ったり止まったりすることができます。

イベント当日は、これが10台ならんで走る予定です。うまくいくといいなぁ✨

セブン チョコミントの生ガトーショコラ

なかなか見つからなかったセブンの「チョコミントの生ガトーショコラ」
ネットでは話題になっているものの、近所のセブンでは一向にお目にかかれませんでした。
ミントシュークリームの方は遭遇率が高いのに、未だ生ガトーショコラはゼロでした。

……が、スタッフCが、通勤途中のセブンで発見しました!✨

ガトーショコラの上に、ミント色のクリームとチョコチップ。
おにぎりのようにトップを開けて、ワンハンドで食べられる仕様です。

おにぎり式には開けず、フルオープンすると、こんな感じです。
(ちゃんとお皿に乗せろって、感じですが……)

柔らかそうに見えたガトーショコラ部分は、しっかりとしていてチョコ感いっぱい💕
ミント感は「チョコ民党」にはパンチが足りないくらい控えめですが、控えめなミント感がガトーショコラをさっぱり爽やかに仕上がっています。
チョコミントを食べなれない人も「歯磨き粉みたいでイヤッ!」とならずに食べられそうです。

そうやって、じわじわとチョコミントの裾野を増やして、ミント感たっぷりのチョコミントが市民権を得ようという戦略でしょうか?

以前は、夏の短い時期しかお目にかかれなかったチョコミント。セブンのおかげで寒い冬にもチョコミントを楽しめます。
この調子で、年中チョコミントが食べられるようになるといいなぁ。

セブンイレブン チョコミントシューを食べてみた

お久しぶりの、コムニカチョコミントクラブです!

決してチョコミント愛が消滅してしまっていたわけではありません。
年中、チョコミントスイィーツを発見しては食べ、発見しては食べ……。

じゃ、なぜ記事になっていないの?

その理由は

毎回、目の前のチョコミントに集中した結果、写真を撮り忘れていたから。
恐るべし、チョコミントの魅力💕 なんちゃって。

さて、今回はセブンイレブンから発売されている

チョコミントシュー 💕

パッケージも爽やかなミントカラー✨

黒いシュー生地の上には、ビターなチョコがかかっています。
甘さも抑えめで、大人な感じです。

ミントクリームの中にはザクザク感のあるチョコが入っていて、ビターな甘さが爽やかな味です。
(かじったみたいに見えますが、ナイフで切りました)

仕事の合間にコーヒーと一緒に一息……、にぴったりな、セブンイレブンのチョコミントシューでした。
爽やかで軽い甘さなので、3個くらい食べられそう……

次回は、本日発売の「チョコミント生ガトーショコラ」です!
(食べる前に、写真撮影を忘れずに〜)
近くのセブンに入荷してるかしら〜?

寒い日はおでんで忘年会

昨日は、最近オープンした近くのお店、「炙りとおでんとお野菜」のお店に行ってきました。
こぢんまりとした、小洒落た感じのお店です。
おでんは「静岡おでん」、初めて食べた黒いおでんでした!

寒い日は、温かい料理と、お酒が最高です✨

サイトを常時SSL化しました !作業覚書

コムニカのWebサイトを運用しているサーバーで、無料で使えるSSLサーバー証明書「Let’s Encrypt」を使うことができます。
今まで、SSLを使っていなかったのですが、「SSL通信」が話題に上がったのをきっかけに、このサイトもSSLを使うことにしました。
最近はWebサイトの「なりすまし」や「盗聴」、「改ざん」などが問題になっていて、特に個人情報を扱うサイトでは、それを避けるための「保護」が必要です。

SSLは、Secure Sockets Layerの略で、インターネット上の通信を暗号化するものです。通信を暗号化することで、ユーザーが安全にWebサイトを閲覧することができます。

これまでSSLを使うには月々のお金がかかりましたが、ここ最近、レンタルサーバー会社が無料で使えるSSLを提供し始めました。クレジットカード情報を扱うようなサイトでは旧ベリサイン(現・シマンテック・ウェブサイトセキュリティ)などのSSLが必要かもしれませんが、小規模なサイトや個人のサイトであれば、この無料のSSLで十分です。

コムニカのサーバーのあるさくらサーバーでは、コントロールパネルから簡単に申し込みができます。
今までのアドレス、”http”の部分に”s”を付けて、”https”から始まるアドレスにアクセスできればOKです。ブラウザのアドレスバーには「保護された通信」と表示されるようになります。

SSL設定後のWordPressの変更

ただし、申し込んだだけでは、まだ完全に保護されたサイトにはなりません。
WordPressで作られたWebサイトの中には、それまでの”http”から始まるリンクや、画像がありますので、それを全て”https”に書き換えなければなりません。

まずは、WordPressのダッシュボードのアドレスを”https”に変更します。一旦ログアウトされるので、もう一度ログインすると、ダッシュボードのアドレスも”https”から始まるアドレスになっています。

それから、コンテンツ内の投稿画像やサイト内リンクの”http”から始まるものを全て”https”に変更していきます。ウィジットなど手動で設定しているリンクや画像のアドレスも変更が必要です。
……といっても、1つ1つ修正するのは大変なので、投稿ページや固定ページは、”Search Regex“と言うプラグインを使って置き換えます。プラグインをインストールすると、ダッシュボードのツールから”Search-Regex”が選べるようになります。

それでも、時々、取りこぼしがあるので、確認しながら修正をしてゆきます。投稿ページと固定ページ以外はプラグインは置き換えてくれないので、編集画面で設定し直します。
この作業が完了すると、晴れてサイト全体が「保護されたページ」となります。

あとは、通常の”http”でアクセスしてきたユーザーを”https”の方へリダイレクト(301リダイレクト)させるコードを htaccessファイル に追記すればOKです。

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP:X-Sakura-Forwarded-For} ^$
RewriteRule ^(.*)$ https://ドメイン名/$1 [R=301,L]
</IfModule>

ハイ、これで完了と行きたいところですが、確認してみるとトップページ以外にCSSは適用されておらず、リダイレクトもされずエラーになります。

ひぃぃぃ! と思わず叫んでしまいました。

さくらサーバーは注意が必要

調べてみると、さくらサーバーの場合は、もう一手間。

……ということで、「SSLのサイトだよ〜」と認識させるコードをwp-config.php に追記。

if( isset($_SERVER['HTTP_X_SAKURA_FORWARDED_FOR']) ) {
    $_SERVER['HTTPS'] = 'on';
    $_ENV['HTTPS'] = 'on';
    $_SERVER['HTTP_HOST'] = 'ドメイン名';
    $_SERVER['SERVER_NAME'] = 'ドメイン名';
    $_ENV['HTTP_HOST'] = 'ドメイン名';
    $_ENV['SERVER_NAME'] = 'ドメイン名';
}

これについては、いろいろな方が記事にしているので、つまづいた方は検索してみると良いかと思います。

とりあえず、コムニカのサイトはこれで無事、常時SSL化しました!

セブンのとろ生食感チョコミントショコラ

お久しぶりのコムニカチョコミントクラブです!

今年も、色々なチョコミントを求め、コンビニに出没していました。
個人的には、ファミマのチョコミントフラッペがヒットでした❤️

そして、今年最後のチョコミント(多分)は、セブンの「セブンのとろ生食感チョコミントショコラ」です。
発売日に打ち合わせ帰りのスタッフが、早速Getしてきました!

甘控えめのチョコムースの上にミントムースそしてチョコの3層構造で、3層を一緒に口に入れるのがオススメです。
以前は、夏が終わるとすっかり姿を消していたチョコミント系スィーツですが、この時期に発売されて、ようやく

チョコミントも市民権をえてきたかも

なんて、小躍りしてしまいました。

年中、チョコミントが楽しめるといいなぁ。