ペルーの海鳥

カヤオ(ペルー)入港時、船尾に多くの海鳥が集まってきていた。
ペルーはアンチョビ(カタクチイワシ)の漁場で、船のスクリューで海水がかきまぜられ、魚たちが浮き上がってくるのを、海鳥が狙っていたのではないかと思われる。
その中にはカモメに混じって、ペリカンもいた。
ペリカンはカモメに比べると、ずいぶん大きく、くちばしがとても長い。
カヤオの沖合にはペリカンの繁殖地となっている島がある。
また、ナスカ近くの海岸には、かわいい海鳥たちがいた。
ペルーの海鳥-1
ペルーの海鳥-2

コメントはお気軽にどうぞ♪

内容を確認したら、「コメントを送信する」ボタンを押してくださいね。

この記事へのコメント

コメントはまだありません