南半球回り、3分の1が終わった!

はい、2度目のなかとしおの写真無しの報告です。
●南半球は北半球に比べ、陸が少なく海が大きいので、荒れる海域が多く、「吠える40度、狂う50度、叫ぶ60度」と言われる。南緯35度に過ぎないケープタウンまでの海域で、これまでで最大の揺れ。初めてのデッキ出入り禁止。アフリカの水と食べ物などで倒れている人が多い中、追い打ちだった。
●私自身は、毎日のように飲んでいたあの11月が嘘のよう。飲み会は未だ無し、夕食時ビール1本ほどしか飲まず、9時頃遅くとも10時前には就寝、翌朝6時から太極拳・ラジオ体操・ヨガを終えて朝食という極めて健康な生活が1か月以上続いておりまする。
●劇団も好調、講談に魅入られた団員達が多く、名前も「劇団張り扇」と変更、演劇遊びに朗読・講談を連日稽古邁進中。
●クリスマス明けの12/26日は、アフリカ最後の寄港地ウォルビスベイ。ナビブ砂漠に行ってきたところ。アフリカ大陸の存在は、予想以上に衝撃的だった。土産話の大きな柱です。
●これから年末年始を10日ほど掛けて、南アメリカ・ブラジルのリオまでの大西洋クルーズ。船ではイベントで盛り上げようとしてるけど、我々の2015年は、寒くない、およそらしくない年末年始で、始まりそう。

コメントはお気軽にどうぞ♪

内容を確認したら、「コメントを送信する」ボタンを押してくださいね。

この記事へのコメント

コメントはまだありません