船が動いていない!!

夜明けまでには、まだ間のある時間に目覚ましで起こされ、半分朦朧とした状態で、電気をつけるが、つかない。
トイレの電気もつかない。
妙に静かだ。
常にしているエンジン音がしない!
廊下に出てみると、非常灯のみが点灯し、暗い。
周りの部屋の人たちも、ドアを開けて、「どうしたんだ!」と言い合っている。
水も出ない。
最悪の状態を考える。一番の問題はトイレだろうな。
エンジンの止まった船で漂流した人の話では、トイレが溢れて大変だったという。被災地と一緒だ。
到着が遅れたらどうしよう?電気がつかないということは、ネットも接続できないだろうな。どうやって連絡しよう?
ようやく明るくなってきたので、とりあえずデッキに出た。みんな不安げに話をしている。
厨房は、非常用電源があるようで、コーヒーは飲めるようになっていた。
コーヒーを飲みながら、時間をつぶしていると、船の煙突から煙が!
エンジンが動き始めたようだ。電気も回復。
水は茶色の水だが出るようになった。
しばらくして、「緊急メンテナンスのため、エンジンを止めていた。ご心配をおかけしました」と船内放送。「きっと、エンジントラブルだろう」
無事、日本まで帰り着けるか不安。
後10日間何とか動いてくれ!

コメントはお気軽にどうぞ♪

内容を確認したら、「コメントを送信する」ボタンを押してくださいね。

この記事へのコメント

  1. 梅田司朗 より:

    ガダルカナルが最後の寄港地ということはあと10日も船に揺られっぱなし・・・・・おかわいそうに~

    いやいや豪華客船ピースボートですから、残された10日間を思いっきり楽しみ狂ってお帰りになることでしょう。ただただエンジンが止まって漂流されないようお祈りするばかりです。

    それにしても 3か月は長かったと思いませんか?

    2014年は遙か彼方に 2015年ももうすぐ3月になろうとしているんですよ。庭には梅が咲きはじめメジロが蜜を舐めに飛んで来るんですよ。農水大臣が阿部内閣3人目となる辞任を発表したり、アメリカは大寒波で冷凍庫のようになっているし・・・ほんとに講談で笑わせたり、詩吟を唸ったりしてる場合なんですかね~

    マッ!あと10日です。悔いの残らないよう存分にお楽しみください。みんなでお帰りをお待ちしています。

    報告会の候補日を2,3日みつくろってお知らせください。

    Y様へ

                           2/24  弾けるウメ